お米ランキング 全国のおいしいご飯【通販で購入OK】

\毎日ごはん/ 全国のお米を食べる

2018年 平成30年度の新米登場 沖縄県石垣島産 ひとめぼれ

日本の南 沖縄県は温かい気候でお米が年2回収穫できます。

最初の田植は2月。
2月に植えたお米の収穫は6月です。

2回めの田植えは8月。
8月に植えたお米は11月に収穫されます。

同じ場所で同じ作物を植えることを二期作といいます。

ちなみに、同じ場所で別の品種 米→麦 は二毛作といいます。

 

さて、2回収穫できるからと2倍の収量があるわけではありません。

一度の収穫での収量は少なく、また2回目の収穫は台風の被害を受けやすいので単純に倍の収量は収穫できません。

また、沖縄で作られる泡盛はもち米が原料ですがタイで作られたお米を使用しています。

沖縄ではあまり稲作が盛んではありません。

 

しかし!

この時期に新米が食べられるのはとても嬉しいです。

暑さで食欲が落ちているときに美味しい新米を食べて夏バテの予防になります。

 

 

沖縄県石垣島産 ひとめぼれ(新米)

石垣島は沖縄県で栽培されているお米の半分程度が石垣島産です。

沖縄の独自品種もありますが美味しさでひとめぼれが生産されています。

 

ひとめぼれは高級米ではないので比較的、低価格で買うことができます。

6月、7月に新米で食べることができると思うと少し高くてもいいのかなと思ってしまいます。

 

ひとめぼれは粒が小さく、コシヒカリに比べるともっちり感がありませんが、小粒であっさりしていて美味しいです。

新米だからこその旨味が強くありました。

 

ぜひ、石垣島産のひとめぼれご賞味くださいませ。