お米ランキング 全国のおいしいご飯【通販で購入OK】

\毎日ごはん/ 全国のお米を食べる

「アジのなめろう」白めしと絶対に合うおすすめのおかず【寄稿記事】

今回、おすすめのおかずを紹介していただくのは「キッチンどりんかぁトモ」さんです。

「トモ」さんはIT分野から農業にシフトチェンジ、新しい農業を支える方です。
よくIT勉強会でお会いして、懇親会で勉強会の話より食べ物の話する仲です。(笑)

写真がうまくて、レシピブログの料理がとってもキレイで思わず食べたくなりますよ!

danshimeshi.com

ではさっそく、米どころ新潟から旬の食材を使った「おすすめおかず」をご紹介頂きます!

 

【漁師の祖父から受け継いだ ごはんがおかわりできるおかず アジのなめろう】

 近年、新しい新潟県のブランド米として発表された「新之助」と、おすすめのおかず「アジのなめろう」を一緒にレビューしていきたいと思います!

 

f:id:chefshinnosuke:20180205162641j:plain

私は新潟県の農業生産法人に勤務し、多品種のお米の生産に関わった仕事をしております。

時代のニーズに合うお米を社会に流通させることができるよう、日々お米の生産に邁進しているところです。

上記のような経緯もあり、私は新潟の新品種である「新之助」のことが以前から気になっていました。

「新之助」に限らず、お米の品種は年々増え続けていますので、その都度、用途にあったお米、おかずに合うお米を探してみるという楽しみが増えてくると思います。

そこで、今回の寄稿を通じて、自分なりに「新之助」がどういったニーズに答えるお米なのかをお伝えすることで、読者のみなさんに、お米を選ぶ時の参考していただければ幸いです。

 

それでは、早速「新之助」開封していきます。

 

f:id:chefshinnosuke:20180205162637j:plain

袋を開けて、お米を手に取って、まず初めに感じたことは、
米粒一粒一粒がとっても白いということでした。

噂に聞いていた通りの、厳しい等級判別基準を通過してきたお米だということが、見た目からもすぐに分かりました。

 

続いて、お米を炊いてみます。

 

新之助|新潟のコシヒカリを超えるブランド米

f:id:chefshinnosuke:20180205162646j:plain

炊き上がったお米の粒の大きさは予想よりも小さく、食べてみると、粒がしっかりとしていて噛み応えがあり、噛めば噛むほど甘みが出てくるといった印象を受けました。

 

せっかくの新潟のブランド米なので、新潟の海の幸と一緒にいただくことにします。
私がおすすめするご飯のおかずは、「アジのなめろう」です。

 

ご飯と一緒に食べたい鯵(アジ)のなめろう

f:id:chefshinnosuke:20180205162644j:plain実はこれ、小さい頃に漁師だった祖父の家に遊びに行った時に、「ご飯を一杯お代わりできるように」とつくってもらった思い出のおかずでもあります。

アジのなめろう|漁師のレシピ

『新鮮なアジを三枚おろしにして、ネギやショウガなどの薬味と味噌を合わせて包丁で叩く』

大ざっぱに作っても、丁寧に作ってもかんたんに作れておいしい料理です。

  

今回食べた、新潟県のブランド米「新之助」はお米をしっかり噛んで味わって食べたい人にとてもおすすめです!

さらに、新潟日本海の「海の幸」と食べ合わせることで、より一層、お米の味が楽しめますよ!

みなさんも一度、新潟のブランド米「新之助」を味わってください。

 

 

キッチンどりんかぁトモ(プロフィール)

新潟県の農業法人でお米を作っています。
レシピサイトを見て作った料理を公開する料理ブログを運営することで、「食」についての考えを深めています。


自炊料理が好きな方Twitterフォローよろしくお願いいたします!!

twitter.com

 


 

※この記事は「キッチンどりんかぁトモ」さんの寄稿記事です