お米ランキング 全国のおいしいご飯【通販で購入OK】

\毎日ごはん/ 全国のお米を食べる

宮城県登米市産【ササシグレ】

さて、今週のお米。
宮城県登米市産「ササシグレ」です。

宮城と言えば「ササニシキ」。
米どころと言われる登米産。
さらに有機栽培。

 

楽しみです!

 

さっそく宮城県登米市産【ササシグレ】の味レポです!! 

まずはお米の状態を確認。

f:id:chefshinnosuke:20180310215550j:plain

少し白い粒があってキレイに揃っているとは言えませんが、天候の影響なので仕方ないですね。

 

 

炊きあがりは、ツヤがあります。

f:id:chefshinnosuke:20180310215547j:plain

 水分をよく吸水するお米のようです。

水加減や炊き方の調節が必要な感じがします。

 

 

では、早速「ササシグレ」を頂きます!

f:id:chefshinnosuke:20180310215554j:plain

口に入れてご飯を噛むと、甘みと旨味が強く出てきます。

意外とモチモチ加減があります。

 

2日、3日食べていると毎回、味や食感が変わりました。
そこで、いろいろと炊き方変えて試して見ました。

圧力、火加減をMAXのモードで炊くとかなりのモチモチの食感が出ます。

弱に、圧がかからない、火力が強くない炊飯器で炊くと、もっちりしなくてパラパラのごはんが出来上がりました。

水加減だけでも違いがでてくるので、炊き方が難しいお米と言えるでしょう。

今回は白米を注文しましたが、次回は玄米を注文して、圧力鍋で炊いてみたいと思います。

 

ササシグレのごはんに合うおかずは?

  • 手巻き寿司
  • カレー
  • 焼きおにぎり

旨味がとても強いのでごはんだけでも食べられます。
朝の朝食やおべんとうお寿司などいろいろなおかずが美味しく食べられました。

冷めても美味しかったですよ。

 

産地紹介:宮城県登米市産「ササシグレ」

登米市は昔から米どころとして有名です。

収穫した米を、江戸に運ぶ(登る)ことから「登米」という地域名の由来になっています。

 

ササシグレ

 「ササシグレ」は1952年に登場した古い品種です。
言い方を変えると、品種改良されていない「原種」に近い品種です。

「亀の尾」や「旭(朝日)」の子孫をもつ「ササシグレ」は「ササニシキ」の親に当たります。

病気に弱く、栽培が難しいとされている「ササシグレ」。
1964年「ササニシキ」が登場して「ササシグレ」はほとんど作られることはなくなりました。
しかし自然栽培に適している品種として脚光を浴び、2014年に再度、宮城県の産地品種銘柄に指定されてそれ以降栽培面積が増えています。

購入したお店:有機農園ファーミン

f:id:chefshinnosuke:20180310215544j:plain

有機農業で「ササニシキ」や「ササシグレ」を作っています。

お米はネットで直接販売しています。
有機栽培のお米なので安心して食べられます。値段も良心的な価格です。

何度か注文をしたことあって、毎回、問い合わせの返信メールがとても丁寧な対応のお店です。

 

気になるお米のお値段は?

1合 118円

有機認証のお米で送料いれて3900円はお得な価格です。
「毎日食べるごはん」は安全なお米を食べたいです。

 3480円(5kg×1)
+
420円(送料)
=
¥3900(合計)

 

「ササシグレ」ごちそうさまでした!